球根ベゴニア

全ての品種を掲載してはおりませんのでご容赦ください。

ハンギングタイプ

ラッフルド ビビッドオレンジ

整った花形のラッフルドフォームで、鮮やかなビビッドオレンジの個体です。ラッフルドフォームとは、花弁の縁が波打つもので、より細かく波打つものはフリルドと呼び分けたりします。

ラッフルド ピュアホワイト

濁りの全くない、ピュアホワイトの個体です。比較的大輪ですが、繊細な美しさがあります。白花でも、外側の花弁や、裏側がピンクがかるものが多いですが、この個体は、表裏共に白一色です。白は遺伝的に劣性と思われるので、ピュアホワイトの系統の作出と維持には、難しい面があります。


ホワイトエッジ

ピンク地で花弁の縁が白くなる、白覆輪咲きです。白地にピンク覆輪の一般的なピコティよりも、交配が難しく、整形花でくっきりとした白覆輪を作出するのは、これからの課題です。

ラッフルド ピコティ

ハンギングタイプとしては、大輪のラッフルドピコティです。くっきりとした覆輪ではありませんが、ピコティとしては比較的枝がやわらかい良個体です。

ティネラ系ホワイト

一般的な花屋さんで見かけることもある「ティネラ」の血を引く個体です。整った花形とはいえませんが、赤みのない葉色と濁りのない白花が相まって、涼しげです。ティネラ系の交配は、花弁が細くなってしまいますが、成長の早いものが多いように思います。スタンドタイプと違い、一歩引いた目線で鑑賞されるハンギングタイプは、花形・花色だけでなく、葉色・草姿なども選別の評価ポイントとなります。

ラッフルド ピコティ

クリームイエローにオレンジ覆輪のピコティです。完全に展開すると花形が乱れるのと、雄蕊が見えてしまうのが残念ですが、着花も良く枝もやわらかい為扱いやすい個体です。

ローズフォームド ビビッドレッド

整ったローズフォームです。ラッフルドフォームなどの花弁が波打つものと交配すると、そちらが優性になるため、交配親の選定には気を使います。

ライトイエローグリーン

表現の難しい、今までにないライトイエローグリーンの花色です。中心部のグリーンから外側にかけて黄色味が増し、うすくオレンジで縁取られます。

ラッフルド スカーレット

種子親に使用していた、ラッフルド スカーレットの個体を栄養繁殖した株です。展示株に占める割合は、まだまだ少数ですが、交配の結果得られた優秀な個体を栄養繁殖させたものも、少しずつ増やしています。

アネモネ咲き オレンジ

雄蕊が中心に見えるアネモネ咲きです。整ったローズフォームなどと比べると、花形は乱れていますが、鮮やかなオレンジの花色と花着きの良さが、その欠点を補って余りあります。

6137-a ちぇりーちゃん(仮)

種子親にハンギングタイプの球根ベゴニアを、花粉親に球根性ベゴニアの、サザーランディ・オーレアを用いた交配種です。鮮やかな黄金色の葉と、濁りのないオレンジの花が新鮮です。この交配は、生育初期において、性質の弱い面がありますが、開花サイズにまで成長すると、かえって丈夫な品種の仲間になります。未登録品種ですが、スタッフの間では「ちぇりーちゃん」と呼ばれています。

ボリビエンシス×ピアルケイ

球根性ベゴニア原種のボリビエンシスとピアルケィのハイブリッドです。いまみられる大輪の球根ベゴニアも、交配当初は、この様な姿だったかもしれません。

4130_a ピアルケイ ハイブリッド

球根性ベゴニア原種の一種、ピアルケィとボリビエンシス系交配種のハイブリッドです。生育は旺盛ですが、節間が短くまとまるため、コンパクトにまとまります。派手さはありませんが、大変扱いやすい個体です。

 

4130_b ピアルケイ ハイブリッド

ひとつの花は小さいですが、株をおおって咲く姿は、見ごたえがあります。まったく異なった花色・花型ですが、上に揚げた4130_aの兄弟株に当たります。

 

4130_c ピアルケイ ハイブリッド

上に揚げた4130_aや4130_bと同じ交配から生れた兄弟株にあたります。先の2個体とは違って、涼しげな印象の個体です。

 

スタンドタイプ

1
赤地に橙色がのった鮮やかな色です。
1
花形は端正なローズフォームで、花弁数も多い立派な花です
2
花弁が波打つラッフルドフォームの淡い黄色です。鮮やかな花色で大きな黄色の花を作出するのはなかなか難しいです。
3
濃ピンクのラッフルドフォームです。ピンク色は淡い色から濃い色、そして橙色がかったサーモン系からサクラ色など様々あります。

4
橙色に絞りが入ったラッフルドフォームです。丸に近い良く整った花です。

5
白地にほんのりピンクがのった花です。黄色と同様、白色も鮮やかで大きな花を作出するのは難しいです。

6
深紅のローズフォームです。黄色・白色以上に、大輪を作出するのが難しい深紅の花です。端正な丸に近い花にはなかなかであえません。

7
大人気のラッフルドフォーム・ピコティーです。 地色と異なる色の覆輪をもつ花をピコティーと呼びます。 ピコティーには白地・黄色地・ピンク地に赤色・ピンク色・橙色などの覆輪が入り種類は様々です。
稀に赤地・ピンク地・橙地に白の覆輪が入ったりするものもあります。

8
ラッフルドフォームの赤い花です。赤色にも、深紅から橙色がのったもの、ピンク色がのったものなど様々な色があります。

 
© 2015 Matsue Vogel Park Pref.Shimane All Rights Reserved.