ごうぎんデュプリでおでかけ!

出雲大社前

デュプリこの駅はごうぎんデュプリがご利用頂けます。

出雲大社前駅

「旧大社駅」が和風神殿を模した造りであるのに対し、こちらはモダンな洋風建築を採用しており、平成8年には国の登録有形文化財に指定されました。洋瓦で覆われた丸屋根が特徴的で、待合室には鮮やかなカラーガラスが窓にはめ込まれ、差し込む光が白いドーム型天井に映えます。

デュプリ取扱駅
レンタサイクル有
パーク&ライド
出雲大社

出雲大社

出雲地方で神在月と呼ぶ旧暦10月に全国から八百万(やおろず)の神が集まるとされています。大国主命 (おおくにぬしのみこと)を祀り、縁結びにご利益があるとされていることから特に若い女性の参拝が後を絶ちません。古代出雲大社には48メートルにもおよぶ高層神殿があったと伝えられていましたが、証明できるものがありませんでした。しかし2000年、境内から鎌倉時代に建てられた神殿の宇豆(うず)柱3本の一部が発見されたことで、日本の歴史学・考古学のそれまでの常識を覆しました。

電話番号/0853-53-3100(出雲大社社務所)

アクセス/出雲大社前駅より徒歩10分

営業時間/9:00~17:00

島根県立古代出雲歴史博物館

島根県立古代出雲歴史博物館

出雲大社から出土した鎌倉時代の宇豆(うず)柱3本の一部や古代神殿の想像復元模型など出雲大社にまつわる資料や、1カ所からの出土としては全国最多となり、こちらも日本の歴史学・考古学の常識を覆した荒神谷遺跡の銅剣358本(国宝)、加茂岩倉遺跡の銅鐸39個(国宝)、そして世界遺産石見銀山や奥出雲のタタラ製鉄に関する資料を常設展示しています。出雲大社の参拝前にはこの博物館で予習をするのがオススメです。

電話番号/0853-53-8600(古代出雲歴史博物館)
アクセス/出雲大社前駅より徒歩15分
営業時間/9:00~18:00(11月から2月は17:00まで)
定休日/第3火曜日

稲佐の浜~神迎えの道

稲佐の浜~神迎えの道

出雲大社正面の勢溜(せいだまり)から稲佐の浜へと向かう古い街並みは「神迎えの道」と呼ばれています。神在月(旧暦10月)の神迎祭には、稲佐の浜に着かれた神々を、龍蛇と共に出雲大社へご案内する大切な道です。

アクセス/出雲大社前駅より徒歩10分(勢溜)

旧大社駅

旧大社駅

JR出雲市駅からJR大社線が1990年まで敷設されており、出雲大社参道から南500mほどのところに和風神殿を模した大正レトロ風な外観の旧大社駅が残っています。蒸気機関車や駅舎・ホームが当時のままに残されており、ホームに立つと今にでも列車が到着するのではないかと思わずにはいられません。

電話番号/0853-53-2112(出雲観光協会)

アクセス/出雲大社前駅より徒歩15分

社家通り

社家通り

出雲大社仮本殿(元・拝殿)右手から古代出雲歴史博物館・真名井の井戸へと向かう「社家通り」は、ツアールートからは外れた旧参道。だけど神事に使うお水はこの道を通って汲まれ、運ばれる神事の道。だから凛とはりつめた荘厳さが漂う家並みが続く“もうひとつの大社”って感じのスポットです。

電話番号/0853-53-2112(出雲観光協会)

アクセス/出雲大社前駅より徒歩15分

出雲大社をお参りしたら、水の都・松江へGO!→川跡駅へ戻る
北山公園北口

本コンテンツに記載の観光情報は一畑電車独自調べによるもので最新情報と異なる場合があります。
本コンテンツをご利用の場合に発生した損害等についてはその責を負いかねます。ご利用の際には事前にお確かめの上お出掛けください。

カード