ばたでんでおでかけ!

美談

美談駅

出雲神話の「大国主命(おおくにぬしのみこと)」の御子神「和加布都努志命(わかふつぬしのみこと)」 が、天と地が初めて分かれた後、天つ神の御領田(ごりょうでん)の長として奉仕されました。
「御田を見る神」にちなんで「みだみ」という地名になったといわれるとおり、周辺には広大な田圃からは古代より農耕による豊かな集落が構成されていたようです。