ばたでんでおでかけ!

武志

武志駅

斐伊川は武志付近から大きく東へ湾曲し宍道湖へ流れていますが、江戸時代までは西(出雲大社方面)へ向かって日本海へ流れていました。洪水のたびに斐伊川が氾濫するのを見かねた松江藩主「京極若狭守忠高(きょうごくわかさのかみただたか)」が、現在の東向き(宍道湖方面)に変える大治水工事を行ない堤防を築いたことから、この堤防は敬意をもって「若狭土手」と呼ばれています。