ごうぎんデュプリでおでかけ!

武志

武志駅

斐伊川は武志付近から大きく東へ湾曲し宍道湖へ流れていますが、江戸時代までは出雲大社方面へ向かって日本海へ流れていました。洪水のたびに斐伊川が氾濫するのを見かねた松江藩主「京極若狭守忠高(きょうごくわかさのかみただたか)」が現在の向きに変える大治水工事を行ない堤防を築いたことから、この堤防は敬意をもって「若狭土手」と呼ばれています。

          川跡
大津町          

本コンテンツに記載の観光情報は一畑電車独自調べによるもので最新情報と異なる場合があります。
本コンテンツをご利用の場合に発生した損害等についてはその責を負いかねます。ご利用の際には事前にお確かめの上お出掛けください。

カード