ホーム > クオリティ&サポート > TK工法の家づくり

TK工法の家づくり

~締め直しのきく家~TK工法の家づくり

木造建築の重要な骨組みである梁(はり)・桁(けた)・柱などを接合するために用いられるのが『羽子板ボルト』です。梁などが直交する 部分に使用されるため、在来工法においては最も多く使われる金物のひとつであり、住宅の耐震性能に大きくかかわってくる重要な金物なのです。

今までの羽子板ボルトは使用する場所によっては全く効果がなく、欠陥住宅の原因の一つとして言われています。

住宅完成後、乾燥で木材が痩せ、やがてボルトにガタが出てくることがあります。完成後ですと、締め直しが出来ないので、ボルトの締め付け効果が落ち、家全体が弱くなります。今ではこれが欠陥住宅の原因の一つとも言われています。

(永久自動締めつけ)あと締めなし 家がガッチリ強くなります。台風、地震の揺れにも効果発揮

一畑工業は、これを解決するためにTK工法を採用しています。TK工法は、これらの接合部を強力なバネを用いて半永久的に締め付け続けることで高耐久・高耐震住宅を実現しており、いつまでも安心快適に住んでいただける住まいをお届けすることができるのです。

後に発生した木材のガタつきを内部から締め直すことができます。

T.Kオートボルト
永久自動締め付けタイプ

T.Kボルト
後締め可能タイプ

T.Kオートスクリュー
真壁住宅、耐震補強にも最適

T.Kスクリュー
真壁住宅、耐震補強にも最適

T.Kスーパーボルト
化粧梁、化粧桁など、金具を見せたくない場所に


クオリティ&サポート