1.電鉄出雲市

電鉄出雲市駅(でんてついずもし)

大正3年4月に開設。当時は地上駅で「出雲今市」と称していました。

昭和39年に当時の国鉄出雲市駅から独立し、電鉄出雲市に改称。当時は一畑百貨店、バスターミナルを併設しており、国鉄と線路がつながっていたので、車両の行き来ができました。

昭和48年に貨物列車が廃止されるまで貨車のやりとりが行われ、昭和39年まで非電化の立久恵線が出雲市~出雲須佐間で営業してました。

平成12年12月に現在の高架駅となりました。

駅舎情報

JR側より入口を望む 駅待合室入口 待合室と改札口
JR側より入口を望む 駅待合室入口 待合室と改札口

時刻表


運用 平日(月曜日~金曜日) 休日(土曜日・日曜日・祝祭日)
のぼり
-
-
くだり

所在地